クエン酸 ポン酢 醤油 ダシ醤油 自作

クエン酸+醤油=ポン酢なのと、クエン酸、醤油ともに賞味期限がないという事でこのクエン酸を買ってストックしているのだけど、どうもポン酢にするには一味足りないと思っていたわけです。

 

 

クエン酸じゃなくて酢酸だからというのは確かにそうかもしれないけれど、そこはどうにかなりそうという事もわかった所です。

つまり、酢酸独特の臭いというか風味がポン酢というのは分かるのですが、それは醤油のほうで対応できるようなのです。

そもそもポン酢はレモン、カボスなど果汁があるわけだが、その、レモンこそクエン酸のすっぱさなわけだろう。

で、確かに醤油を加えるのだが、だし醤油すればいいんだよと。
昆布だしでもかつおだしでもそれは好みだけど、クエン酸も賞味期限なし、醤油も賞味期限なし。

食べる分だけサクッとポン酢が作れることが分かったんですね。

ってまあ、出し醤油の素みたいな、醤油入れとくダシ醤油になるみたいなのを手に入れる機会があったので試しただけだけれども。

 

多分これ、3回は継ぎ足して使える気がするんだけどね。
ポイントは賞味期限がない。(一応あるだろうけど乾燥してるから相当持つだろうって意味で。)ってことかなと。

 

大豆 煎り 1キロ 電子レンジ

煎り大豆 煎り豆 って案外3分くらいでできることが分かったかと。

今まで最寄りの業務スーパーで煎り大豆を買っていたのですが、調理していない大豆を発見して、20%以上安そうだったから実験しました。

 

このうちの素煎り大豆と北海道産大豆です。

パッケージ容量は135gと1キロの差があります。

価格はこんな感じで1キロのほうg537円。135gのほうが95円くらいかなと。

単純にグラム当たりで比べると30%くらいの価格差ですが、煎ることで事で水分が抜けると考えるとそこまでの差がないかと思います。

結局1キロの大豆を適当に分けて、適当なものに入れて、適当に電子レンジで3分くらい加熱すると大体同じ味になる気がします。

少し水分が抜けすぎて硬すぎるかもしれないですがこの辺は微調整次第かと。

保存がきくし、短時間で調理可能だし、箸もいらないし、汚れ物も出ないので今度からはこっちの1キロをストックすることにします。

ちなみにわさび大豆は量が少ないです。価格は一緒ですが100gです。
若干味が辛すぎて一気に食えないのでそんなにストックしないでしょう。