マスクをラミネーターに通すとチクチクしなくていいかも。

時勢柄マスクを着用することが多いですが、気づいたことがありました。

マスクの銘柄によってフィット感が違う。
肌とか耳に食い込むという意味ではなく布自体のあたりがピタッとなる感じです。

同じ不織布なのになんでかな?と見ていたら、フィットする方は布が圧縮されてる気がしました。

 

実は今年は自分でマスクは一回も買っていなくて、もともと持っていた不織布マスクを洗って使ったりしていました。

実際最近まで売ってなかったですし、節約していたんです。
何回か洗った結果、布が毛羽立っていたというのもあるかと。

で、アイロンをかけるのも面倒なので、ラミネーターを通しました。

とりあえずこんな感じでぺしゃんこになって、毛羽立たなくなります。

こんな感じでA4半分の間に挟んでラミネートっぽい事をします。

 

まあ、今更マスク売ってるから何の意味もないですが。

とはいえ、世界的な人の移動は止まらないと思うので、どうせ数年以内には新たな感染症が出て、市場からマスクが無くなった時に役立つかもしれんし。

私は花粉症が酷かったのですが、不織布がチクチクして、気になって嫌いだったんですよね。

元々そういうマスクを圧縮すると良くなるかもしれないかなと。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です