テンプルプラント アクアリウム 水槽 水上葉 水草 成長記録

 

テンプルプラントの観察記録になっています。

当初描き始めた時はそんな予定はなかったのですが、何度か更新しているうちにそういう事になりました。

テンプルプラントを選択した経緯

ミナミヌマエビなどの川エビは栄養塩類が少なく、且つエサは多いという状態が最適なのかと考えました。

とはいえ、水替えは手間がかかるのであまりやりたくありません。

という事で、水草(水上葉)を大量に育てることで栄養塩類を減らせないか試そうとしたわけです。

それで選択した水草はテンプルプラントです。

アマゾンの購入記録を見ると2020年6月9日になっていました。

という事はこの記事を書き始めた時には既に購入から2カ月ほど経過していたことになります。

チャームからこれを買っています。元々はこんな感じでした。

(水草)テンプルプラント グリーン(水上葉) ログポット付(無農薬)(1個)
by カエレバ

それぞれの動植物、種類によって最適な最適栄養塩類濃度が違うのかと思います。

全然適当なのですが、経験上こんな感じなんじゃないかなと。

つまりミジンコが大量発生しているようなところは同時に淡水エビは厳しいのではないかと。

定期的に栄養塩類を抜く必要があるけど、餌をいれるので、その分を吸収してくれる植物体が必要なのかと。

それか水替えすれすればいいのですが、その方法は別の記事で考えたことを載せています。

アクアリウム水槽水替え自動給水システム作成記録

今までの経緯

2020‎年‎8‎月‎14‎日、‏‎9:17:22
現状水槽蓋より上まで伸びてきています。
根っこは砂利まで届いていますので、35センチ位まで伸びています。

 

水槽外照明

元々あった補助デスクライトを使っています。

水槽の上を照らすライトで、これで水上葉の光合成をどうにかするる予定です。

 

2020‎年‎9‎月‎15‎日、‏‎18:32:55
9月15日

前回の撮影から一か月程度。

2020-12-26(土)

上記の水槽よりも上まで伸びていた状態ですが、3か月位経った様子です。

加速度的に伸びてこの状態になっています。

トリミングも何もしていないので伸び放題です。

そもそも一部は照明よりも上まで伸びてしまっています。

チョット形を手直しするためにトリミングするかもしれません。

 

2021-01-13(水)ライト変えるかも知れません。

 

凄く大きくなるのとライトの方向に傾きすぎだからです。

完全にライトの上まで伸びてしまっていますしね。

2021-01-21(木)耐久テスト

 


だいたい6枚くらいの所てカットしています。
もとの枝はこんな感じです。
キッチンペーパーを湿らせてジップロックに入れました。
ジップロックを2重にしてダンボールに包みます。
この状態なら移動可能でしょう。

数日後にも状態をキープしているか確認します。

2021-01-28(木)カット、遮光してから約1週間後
概ね大丈夫そうです。



何枚か葉っぱは枯れていますが全体として大丈夫そうでした。

苔対策 経緯 シバゴケ 緑藻 水槽 アクアリウム 記録

2020‎年‎8‎月‎14‎日、‏‎20:49:00

水槽の苔が手を付けられないくらい凄くなってしまいました。

とはいえ、以前かなり撃退したことがるので、その時の手法をさらに改良して記録していきます。

2020‎年‎8‎月‎14‎日、‏‎20:49:00時点の苔に覆われた水槽

あまりにも目立ちすぎなものはピンセットで取り除いた後ですが、それでもこのような苔だらけの水槽になってしまいました。

この状態から対策していきます。

アヌビアヌスナナ、苔にやられやすい水草だと思います。
ミクロソリウム、シダも成長が遅いので苔が付きやすいようです。
アヌビアヌスナナ拡大。

まずこの苔は緑藻に分類されるので、緑色で光合成に使う光の波長は水草と同じはずです。

つまり、完全遮光すれば苔はなくなりますが、水草もなくなってしまいます。

水草だけ残して、苔は消滅させる必要があります。

その方法ですが、水草間の勢力バランスで苔を劣勢にしていく。

事にします。

水草水槽やっている人はある1つの水草がめちゃくちゃ増えて、いつの間にか他の水草を消滅させたことがあるのではないでしょうか?

私は何回もあります。

つまり、他の大量の水草に追いやられて苔が無くなっていくようにするわけですが、今は逆で、水草が弱って苔が大量のため、逆に水草が追いやられている感じです。

2020‎年‎8‎月‎21‎日、‏‎16:42:04

とりあえず苔に負けようが無い水上葉を増やしています。

以前苔を対策したときは右のアマゾンチドメグサ?だったかな?

これを大量に増やしてから水中に沈めることで、苔を圧倒しました。

とりあえずカリウム肥料が少ないと苔は増殖しても、水草の成長が止まっているようなので、草木灰を入れています。

結構適当で、大きなスプーン一杯とかふつうに入れています。

そもそも栄養塩類が多すぎるとエビなどに影響があるし、都合の悪い物質がたまる方向なのは間違いないでしょうから、どうにか水替えを自動にしました。

自動にしないと中々やらないので。

ジョイントマット 隙間 テープ 接着剤 ゴムマット 

ジョイントマットは長く使っていると隙間が空いてしまうようです。

隙間にゴミが入って掃除がめんどくさいので、塞ぐことにします。

ダイソーで買ってきた二大固定用ゴムベルトです。
ゴムベルトを接着剤で貼り付けています。

イマイチ接着剤がはみ出てしまうようですが、肝心なのは耐久性なので。