OPPO A5 2020設定メモ ColorOS7 画面分割 Novaランチャー スワップ 

スマホの設定メモ。

何やったか忘れるので。

ーー今までの経緯

2021/04/03(土) 19:52:32 ブルートゥースイヤホン500円くらいで注文しました。

コードが邪魔だったので。

Amazonで安値検索しています。

1番安いのではなく一応5.0対応かつ防水にしました。

より評判の悪そうな黒にしています。

果たして使えるのかこれ?

2021-03-11 Swap NO RootでRam見たいなものを増設

RAMが4GBしかないと結構きついので5GB位追加でスワップを作りました。

Rootが取れないので再起動するたびに手動で作らないとダメでしょう。

スワップ作ったことでバッテリーの減少が早くなったかもしれません。

実際どの位リソースが使われているか調べたいので、「Resource Monitor Mini」をインストールしたところです。

左上にリアルタイムでメモリとCPUの使用状況が出ています。

2021/04/03(土) 19:55:44 効果不明。つかわないかも

動作が変わったように感じないですね。

解決してない。

ーーーーーーー

2021-01

Oppo A5 2020で画面分割機能が使えなくなってしまいました。

正確にはNovaランチャーだとこの機能が使えなくて、標準ランチャーのみサポートしているのかと。

ColorOS7にアップグレードしたらアンドロイドの機能に制限がかかったようです。

でもNovaランチャーをメインで使いたい、けど画面分割も使いたいという事で余計な検討をしたわけです。

まず、ランチャー変更しました。画面分割のために。

ColorOSのシステムランチャーをデブォルトに。

ホーム画面にnovaランチャーとchromeを配置。

ようはnovaランチャーを長らく使っていたけど標準のランチャーでないと画面分割で使えなくなったため。

要はこんな感じ、二画面に分割して使いたいけどnovaランチャーの方が慣れてるし便利なんだよな。

一時的にもnovaランチャーに素早く切り替えられるようにしたい所です。

Novaをホーム画面に置いてアプリとして起動するしかないかと。

しかし一時的で、ホームボタンを押すと戻ってしまいますけど。

こちらの記事の通り、colorOS7の改悪で面倒な事になった訳です。

前は可能だったことなので本当に面倒。

2021-01-02(土)普通のアプリをフローと表示にしました。結構微妙

Floatingappsとかを使って一般のアプリをフローと表示にできました。

が、最小化できないという結構微妙な状態だったのであまり使えないかもしれないです。

そもそも一度最大化するとすんなり元に戻せないです。

多分アップデートされないと思うので惜しい所です。

よって、アプリの切り替えの時にデフォルトランチャーに戻ってしまうのはどうしようもないです。

2021-01-09(土)フロショ2を使ってホームボタンの代わりにNovaアプリを起動することにします。

フロショ2、フローティングショートカットを使って、Novaランチャーをホームボタンの上に配置しました。

ホームボタンの上にある半透明なアイコンがフロショ2で作ったNovaランチャーのショートカットです。

ぎりぎり設置場所的にキーボードと同時に使っても邪魔にならないかと。

ホームボタンを押す代わりにこのアイコンを押すことで一応Novaランチャー標準で使っている気分にはなるかと。

電車 バス アプリ スムーズ 乗り過ごし防止

2021-02-12(金)バスあと何分をとりあえず使い始め

なかなか使えると思います。

2020-12-26(土)アラーム設定

こんなかんじで同じ場所を距離を変えて登録します。

こうすれば2度なってくれるわけですが、登録ポイントに個数制限があるわけです。

触っていて気が付きました。

お気に入りは5つまでですが、アラーム登録はもっと出来そうです。

お気に入りはワンタップで設定可能ということのようです。

これならNaplarmだけで統一出来そうです。

あとはアラーム一覧の並び順を変更できたらいいなと。

これもピン留め機能を使って何とかできないかと思いましたが、イマイチでした。

一応並び順は良いのですが押す度にアプリにフォーカスか戻ってしまいます。

一気に押せないわけです。

画面分割にこのスマホが対応したら大丈夫な可能性もあるかと思います。

2020-12-24(木)

「Naplarm」 と 「Don’t miss the stop」を併用して使っています。

もっといい方法があればいいのですが今の所これしかない状態です。

いくつかクローンアプリを試したのですが、やっぱり位置情報が取れません。

このアプリ結構ミュートにしているつもりなのに強制的に鳴るみたいで注意が必要かもしれません。

それとは別件でバスと電車の定期を買いました。

バスの定期って高いですね、割引率も少ないですし。

本厚木駅 → 駒返橋 で、3か月 46710円でした。

買った後に何かおかしいくらい高くないかと思って調べたわけです。

バスの定期の料金が載っているウェブはすんなり出てこなかったです。

Google検索して出てきた最初の所は近隣の相模線の駅まで歩くルートでした。

とても歩けないので却下ですが、3か月で28900円となっているようです。

ちなみにバスだと片道370円のようです。

往復22日だったとして、16280円ですよね。

370*2*22=16280

3か月。つまり、×3すると、48840円ですかね。

定期の代金はこちらジョルダンで検索して出てきました。

一ヵ月、16,390円

3か月、46,710円

本気かって位全然お得になってないですね。一カ月定期と買ったらむしろ損かもしれませんね。

買わなきゃよかったと今更ながら思ってきましたよ。

っていうのは、PASMO定期は発行できないと言われて写真の通り見せるだけの定期を買ったんです。

もちろん一ヵ月22日以上往復すれば得ですが、そんなに勤務地に行く予定が無いんです。

電車の感覚で購入してしまったのが間違いでした。通勤じゃなくて通学ならお得みたいですけれど。

勿論通学じゃないので高いです。

しかも落としても再発行できないんだそうです。これではほぼ損しかない。

あと、電車の定期も磁気にしたのは、習慣でバスのPASMOの所にタッチしてしまうからです。

見せるだけの定期を持っているのにPASMOで払ったら丸損ですから。

おかげで通れる改札が減りました。不便になったものです。

カメラ 撮影 ポップ ラミネート 編集 共有 スマホ

完全にメモに近いかもですが、私がやっている写真からPOPをそれなりに作る方法です。

まず写真はスマホのカメラで撮影します。

この時点でなるべくそのまま使えるように上手く撮るようにします。

PCとの自動共有

撮った写真は自動的にResilio SyncなりDropBoxのカミラアップロードの機能でPCと共有します。

Resilio Syncの方が高速だし容量制限がディスク容量いっぱいまで使えていいと思います。

共有場所はカメラ写真の保存場所DCIM

あとはScreenshotsです。スマホ画面のスクリーンショットも自動的にデスクトップPCと共有できるようにしています。

編集した写真が入っているフォルダPhoto Editorです。

内部共有ストレージ>Photo Editor

とかをSyncで共有しています。

デフォルト写真アプリで編集するとDCIMフォルダの写真がそのまま編集されるのですが、エクスプローラーから送れなかったので、Photo Editorを使っています。

エディットのアイコンのようです。

使い方はかなり適当で、とりあえずぼかしています。

GIMPで使う機能

写真の加工はGIMPを使っています。

無料で高機能なので普通にこれを使いますが最初はとっつきにくかったです。

なので単純に加工する手順をメモしておきます。

 

撮影角度が斜めだったものを直す。

ピントがぼけているものをシャープに

 

 

 

加工後はセブンイレブンのネットプリントを使っています。

ここでは表裏同じでひっくり返しても見れるように上下ミラーのようにして作っています。

印刷した紙をラミって完成です。

必要によりカットして貼り付けます。