野外 屋内発泡スチロール状況 エビ飼育

エビ飼育状況のつづき

エビ野外飼育 増殖記録2020-12-14~

2021/04/20(火) 19:28:56撮影出来たエビ

この状態でも撮影は可能でした。

2021/04/20(火) 08:42:26 寸法記録

水草も追加しました。

2021-04-15 18:45:05 水面の映り込みを黒ビニールで遮光

とりあえず実験です。

ペットボトルで自作しました。

この状態だと光が入って水面が反射します。

これで反射はなくなりましたが水自体が濁りすぎですかね。

水中が見えないです。

なにか対策するかもしれません。

映り込軽減のためにペリスコープ、潜望鏡を使おうと思いましたが、絶対にうまく行かないことが分かりました。

入手してからのぞき穴が小さすぎることが分かりました。

2021/04/09(金) 08:07:34 ペリスコープ、潜望鏡検討

箱メガネは見えないし、むしろ気泡が邪魔なようです。

上地覆いを作っても思いきり反射します。

偏光板は効果はありますが、まだきつい。

そもそもグリーンウォーターで見えません。

2021/04/06(火) 19:53:16 箱メガネ、タコメガネ、水中覗きメガネテスト

透明容器で作成しました。

寧ろ反射してますね。

上から黒い覆いをかぶせないとダメだったかもしれません。

カメラの角度を変えて広い範囲を映した方が良いかもです。

となると防水のビニールも大きくするかもです。

やはりかなり反射して見えません。

変更フィルターを外さない方がよかったかも。

この後、接続エラーで設定見直し中です。

7日アップロードはクラウド無料なのは高評価です。

電波状態が良くなってからのスクリーンショットです。

-71dBmだとかなり厳しいですね。

中継器を変更した方が良いですかね。

晴れた時はまあまあ電波状態が良いのでつながっています。

が、夜間はイマイチですし、水中は見えません。

屋外に置いたら水が緑色になってきたというのもあってほぼ水中が見えなくなっています。

2021/03/29(月) 変更フィルター微調整

注文していた偏光板を取り付けました。

スマホカメラでテストした写真です。

右の方は反射が抑えられているので確実に効果はあったはずです。

監視カメラに取り付けて比較してみました。

反射はある程度抑えられていますが、まだちょっとキツイかもしれないです。

今回は忘れましたが、フィルターを二重にするテストもするかもしれません。

2021/03/23(火) 08:53:19カメラをセットして水槽内を監視下にしました。

ジップロックで防水しています。

そこの板に固定しています。

太陽光パネルを錘にして防虫ネットが飛ばないようにしているつもりです。

PLフィルターは色々失敗しています。

とりあえずサイズが小さすぎでした。

なのでこちらを注文したところです。

夜間は反射が少ない。

2021/03/20(土) 07:44:34 エビの状況確認を確認するカメラオプション

偏光レンズで水の反射が無くなって水中が見えるといいな。

キャンドゥで110円です。

多分クリップは分解して改造が必要です。

2021/03/19(金) 08:08:41 防虫ネット、新規で5匹追加です。

水合わせ中

水合わせ終盤

やはり太陽光エネルギーが多い野外でやりなおしです。

2021/03/17(水) 19:55:29 野外に移しました。

どうも太陽光が足りませんでした。

水草も育ちませんでしたし、エビの生育もイマイチでしたので。

あと、防虫ネットをかけました。

ボウフラが発生していて、これ以上酷くならないようにです。

あとはある程度放置で監視できるようにしようかなと。

2021/03/05(金) 19:35:03 エアーポンプテスト導入しました

USBエアーポンプ届きました。

音も静かに普通に稼働しています。

推進が浅いから勢いもなかなかです。

ソーラーパネルからパススルー充電されています。

バッテリーはカメラと兼用で、残量表示は4でした。

しばらくして残量は2のようです。

バッテリーはソーラーパネル充電で追いつくだろうか?

しかしボウフラが発生して蚊になっていたようです。

抜け殻があります。

こちらの対策もしないとです。

2021/02/24(水) 09:04:29エアーポンプusb接続で導入予定
created by Rinker
¥890 (2021/07/28 14:22:58時点 楽天市場調べ-詳細)

注文してまだ届いてはいません。

2021-02-15

再導入前のブルーベルベットシュリンプです。

圧力鍋 シロカ SIROCA 調査

以前電気圧力鍋を買っていたので、どんな風になるか検証の続きです。

自宅での調理研究 電子レンジ 炊飯 圧力鍋 マイヤー オーブン クッキングペーパー 皿洗い不要 ビニール袋

シロカ マイコン電気圧力鍋 クックマイスター レッド SPC-101RD
2021-02-16(火)調理中は換気扇の下に

煮物の匂いかつかないように換気扇の下に設置することにします。

電子レンジの上、換気扇に可能な限り近づけています。

2021-02-10(水)圧力鍋の掃除しないといけないかも

圧力鍋を使うと結構匂いが取れないようです。

そもそも換気扇の下に設置した方が良さそうです。

で、圧力鍋自体の掃除とか可能なのだろうか?

2021-02-07(日)1時間毎二回加圧した結果

電気代計算上36円でした。

確かに骨まで食えましたが量が多すぎだったかと。

あと作ったからには直ぐに食わなきゃえけないのが大変かと。

結果はわかったわけですが、どの位使うかな。

手間がかかりすぎて現実的か分からないので、方法考えます。

2021-02-06(土)加圧60分2回設定。

素材は鯛のあらと冷凍大根

これに半額だった鍋セット野菜155円位を足しています。

鍋が小さめなのではみ出しそうです。

予想では加熱後に縮小しているはずです。

金曜、20:30頃。お好みで1時間加圧しています。

途中消費電力量です。

今までお好み設定でしたが、玄米設定なら加圧60分、かつ12時間保温してくれて都合が良さそうです。

玄米加圧60分セット。土曜、午前6時半位です。

12時間後スタートタイマーセット

これで仕事から帰ってきた時に出来上がっているはずです。

2021-02-05(金)加圧60分の電気代計測

お好みで1時間加圧すると大体10円位かかる計算でした。

0.36KWhでしたので1Kwhを27円で計算して9.72円という事です。

Podsync youtube podcast 変換 hosting 自前サーバー

Podsyncとういソフトウェアがあります。

Youtube動画をPodcast形式に変更して配信可能で大変便利です。

Linuxでの運用なので敷居が高いわけですが、便利なので導入しました。

運用方法をメモしておかないと忘れるので。

また、クライアント側、スマホで使っているソフトはAndroidなので、Podcastaddictにしています。

結論1.グローバルIPがブラックリスト入り

一気にリクエストするとyoutubeにブラックリスト登録されてしまうようです。

IPアドレスをブロックされないように、12時間ごと、5つくらいまで。
節度を持って運用します。

podsync自体がもともとwebサービスだったのがyoutube側からブロックされたため、自前で運用しているわけですから。

結論2.youtube-dlのバージョンアップ

youtube-dlのバージョンが古いとファイルのダウンロードができないことがありました。

podsyncはDockerで運用するのですが、バージョンによって動作しないことがあったので、以前のバージョン(v2.0)のyoutube-dlだけをアップデートして移植する必要がありました。

最新latestのDockerイメージを使える環境にすべきかもしれません。

 

今までの経緯

2021-05-25 05:30:21 dockerをいじってyoutube-dlだけを更新。復活。

dockerをいじっていたのでそれなりに慣れてきました。

コンテナ内でコマンド実行する。

docker attach コンテナ名

docker exec -it コンテナ名 /bin/bash

Dockerコマンド(確認編)

docker image ls

テスト環境側

REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE

mxpv/podsync latest イメージID 7 months ago 107MB

mxpv/podsync v2.2 イメージID 13 months ago 107MB

mxpv/podsync v2.0 イメージID 16 months ago 107MB

hello-world latest イメージID 2 years ago 1.84kB

テスト環境でのlatest が起動しませんでした。

途中でpodsyncが停止してしまいます。

本番環境側

REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE

mxpv/podsync latest イメージID 16 months ago 107MB

hello-world latest イメージID 2 years ago 1.84kB

つまり、Createdの所で見ると、16 months ago で揃っています。

テスト環境をv2.0で起動した所、正常起動しました。ダウンロードは404で失敗しますが

テスト環境

xpv/podsync:latest が起動しない。と言うか途中で停止する。

mxpv/podsync:v2.0

これなら起動しました。

docker stats

CONTAINER ID NAME CPU % MEM USA

GE / LIMIT MEM % NET I/O BLOCK I/O PIDS

コンテナID bold_lichterman 0.00% 4.285MiB / 1.12GiB 0.37% 15.7kB / 3.68kB 0B / 0B 10

docker exec コンテナID youtube-dl –version

2020.01.24

つまり一年前のyoutube-dl を使っていたわけです。v2.0のイメージでは。

youtube-dl –version

2021.05.16

つまり、Dockerではなく、物理マシン本体では2021年の5月バージョンなのです。

Dockerじゃなくて物理マシンからyoutube-dlをたたくとダウンロードできました。

しかし、lagtestのイメージだとだと途中しています。

Podsyncの最新バージョン確認

現在v2.4.0が最新です。latestを起動してで確認します。(podsyncはとちゅで停止しますが。)

docker exec イメージID youtube-dl –version

2021.05.16

なるほど最新ならバージョンは問題ありません。けど起動してくれません。

よって、Docker自体のアップデートをしてみました。

docker –version

Docker version 19.03.8, build afacb8b7f0

以下、いくつか参考にしたところです。

Dockerのバージョンアップ

sudo apt-get upgrade docker-engine

Dockerアップグレード

Ubuntu 18.04 LTS Docker をインストールする

 

コマンド実行

apt-get install docker-ce docker-ce-cli containerd.io

(データベースを読み込んでいます 現在 1630017 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)

・・・・・・・更新完了後、

docker –version

Docker version 20.10.6, build 370c289

最新になったのは間違いないかと。

しかし、この状態でもlatestが起動しませんでした。

V2.1を試すと起動しました、v2.0と同様です。

それ以上のバージョンは起動しませんでした。

podsync binary を使って動かそうとも考えましたが環境に依存しないDockerの方がいいかなと。

一応バイナリで動かそうと調べたところです。

結果、Dockerコンテナの中身を改造。することにしました。

 

v2.0を起動して。

docker stats

CONTAINER ID NAME CPU % MEM USAGE / LIMIT MEM % NET I/O BLOCK I/O PIDS

コンテナID silly_dhawan 0.00% 2.961MiB / 1.12GiB 0.26% 509kB / 36.5kB 86MB / 0B 10

docker exec コンテナID youtube-dl –version

2020.01.24

一年以上前のバージョンを使っているようです。

よって、コンテナに対してyoutube-dlのアップデートしようとしました。

docker exec コンテナID youtube-dl –update

docker exec コンテナID pip install -U youtube_dl

OCI runtime exec failed: exec failed: container_linux.go:367: starting container process caused: exec: “pip”: executable file not found in $PATH: unknown

docker exec コンテナID brew install youtube-dl

OCI runtime exec failed: exec failed: container_linux.go:367: starting container process caused: exec: “brew”: executable file not found in $PATH: unknown

まあそうだよね。brewpipも入ってないからね。

 

docker exec コンテナID wget https://yt-dl.org/downloads/latest/youtube-dl -O /usr/local/bin/youtube-dl

Connecting to yt-dl.org (95.143.172.170:443)

Connecting to yt-dl.org (95.143.172.170:443)

wget: bad address ‘github.com’

wgetでもダウンロードできませんでした。

よって、

コンテナにファイルを転送

docker exec -it コンテナID sh

でコンテナの中に入れました。

ホストマシンでyoutube-dl本体をダウンロードします。

wget https://yt-dl.org/downloads/latest/youtube-dl

docker cp [オプション] ローカル・パス|- コンテナ:パス

docker cp ./youtube-dl コンテナID:/home/youtube-dl

homeに転送しました

 

/home # youtube-dl -U

Updating to version 2021.05.16 …

Updated youtube-dl. Restart youtube-dl to use the new version.

/home # youtube-dl –version

2021.05.16

最新バージョンに更新されたので、この状態をコミットで保存します。

docker commit コンテナID mxpv/podsync:v2.0_20210524

参考。今入っているコンテナ

docker exec -it コンテナID sh

 

docker imagesで確認します。

REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE

mxpv/podsync v2.0_20210524 コンテナID 11 seconds ago 110MB

新しく出来た mxpv/podsync:v2.0_20210524

をつかって起動。

OKダウンロードできたようです。

Dockerイメージを別サーバへ移行します。

つまり本番環境に持っていきます。

docker save mxpv/podsync:v2.0_20210524 > ./tmppodsync.tar

できたtmppodsync.tarをFTPで本番環境にもっていきました。

本番環境。

docker load < tmppodsync.tar

Loaded image: mxpv/podsync:v2.0_20210524

v2.0_20210524

c# docker images

REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE

mxpv/podsync v2.0_20210524 イメージID 2 hours ago 110MB

こちらのイメージを使って本番環境で運用すればOKです。

 

とはいえ、Dockeのlatest最新イメージを起動できるようにすべきかもしれないですが。

 

2021-05-22 06:46:03 404 Not found.原因が分からない。
/* 

time="2021-05-21T20:13:20Z" level=error msg="youtube-dl error:  xxxxxxxx: Downloading webpage
\n xxxxx: Downloading video info webpage
\nWARNING: unable to download video info webpage: HTTP Error 404: Not Found
\nWARNING: unable to download video info webpage: HTTP Error 404: Not Found
\nWARNING: unable to download video info webpage: HTTP Error 404: Not Found
\nWARNING: unable to download video info webpage: HTTP Error 404: Not Found
\nERROR: xxxxx: YouTube said: Unable to extract video data
\n" episode_id=xxxxx error="failed to execute youtube-dl: exit status 1" index=0
time="2021-05-21T20:13:20Z" level=error msg="failed to get episode file size" episode_id=xxxx error="stat /xxxxxxxx: no such file or directory" index=0

 */

グローバルIPを変更してみてもダメ。

CE
xxx.xxx.xx.164

C1
xxx.xxx.xx.126

C2
xxx.xxx.xx.55

APIキーを変更してもダメ。メッセージは同じと言う状況です。

 

原因は今のところ不明なので、時間がある時また考えます。

 

2021-05-20 19:45:55 動作状況的に制限がかかっているのは間違いない。

 

色々調べたけれど、 page_size = 5

これを間違えて page_size = 50 にしていた箇所がありました。

これは不味い。5に戻したのと、幾分必要ない分を減らしました。

太平洋時間(PT)の0時にリセットされるらしいです。

つまり日本時間の17時でしょうか。

今の時間はこちらかな。

調べた内容記録。

クォータの使用量
プロセスのkill
pkill

pgrep -fl podsync
1070 sh
1143 sh
1173 docker
3671 podsync

消費クォータ

2021-02-18 21:48 もしかして更新中はサーバーにアクセスできないのかも?

 

いや、そうでもないな。

これはPodsync側の問題かもしれない。

アンドロイド端末再起動して検証

 

2021-02-18 21:44:18 グローバルIP変更でダウンロード可能に

youtube-dl https://www.youtube.com/watch?v=JHuZeAoj2LY -f “bestvideo[ext=mp4]+bestaudio[ext=m4a]/best[ext=mp4]”

ERROR: Unable to download webpage: HTTP Error 429: Too Many Requests

https://qiita.com/jun50/items/abf067b382ba819cbbd0
なるほどIPアドレスでブロックされたようです。

つまりルーターの再起動でipアドレスを変えてみます。

現在のグローバルIP
https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi
160.13.194.160

ルーター再起動
変わってないな。

https://note.com/6maru/n/ncb4cf9ad9b55

Macアドレスを変える方法があるようだ。

最後の一文字をEからFとかに変更

HUAWEI WiFi WS5200の方で設定したけど、いや、これは無線ルーターだから意味ないかも。

両方再起動して変更確認。

ERROR: JHuZeAoj2LY: YouTube said: Invalid parameters.

だけど表示されるエラー内容が変わりました。

configを節度を持った設定に。要は12時間ごと位に。

ダウンロード成功。
なるほど。無駄なことをやっていたなと。

まあ、brewは何か役に立つこともあるかもしれないけど、ディスク容量は無駄に消費した。

/dev/sda1 71G 58G 9.1G 87% /

また考えるしかないけど。

 

2021-05-20 18:13:36 ルーターのMacアドレス変更画面記録

 

何が原因か分かりませんが再びダウンロード不能になっている気がします。

もしかしてまたIP制限に引っかかったのかもしれないので一応記録しておきます。

youtubeの仕様変更でyoutube-dlが使えなくなったのかもしれないです。

バージョンアップをすればOKなのかも?

 

 

2021-02-18 18:48:42 ffmpegのインストールに入ったようだ。緑色の所の依存関係もインストールするらしい。多いって!!

 

2021-02-18 18:01:28  brew恐ろしくてまかかってます。

 

手間もかかるしディスク容量どうなんだといことで。

ディスク容量。
df -h
/dev/sdb1 71G 57G 11G 85% /

結構容量食っていますね。これ何とかしないとならないな。
しかし元が71GBしかないってのが問題なのかねと。

単にこれで足りると思って割り当ててないだけなんですが。

18:26分、既に一時間以上インストールコマンドが終わらない。

何か不安になって来るけど、放置して見守るしかありません。

トラブル対応に時間をかけるのは嫌ですし、他にしなきゃならんこともなるのにってやつです。

今日解決できなかったら一旦保留になってしまいます。

既に1GBディスク容量を消費したようです。

調べてみると数時間かかることも・・・とあるようなので。

2021-02-18 17:17:51 多分youtube-dlが動いていないと当たりを付けました。

podsyncが最近ダウンロードできないことに気が付きました。
多分youtube-dlが動いていないと当たりを付けました。

sh /opt/lampp/htdocs/personal/podsync/run.sh
みたいに実行したログを見て判断しています。

failed to execute youtube-dl: exit status 1
となっているからです。

youtube-dl –version
2016.02.22

随分と古い気がします。

しかし、コマンドでyoutube-dlでダウンロードできるか試してからでもいい気がしました。

とはいえアップデートしてみています。
https://t-pirori.blogspot.com/2019/12/youtube-dl-Update.html

 

It looks like you installed youtube-dl with a package manager, pip, setup.py or a tarball. Please use that to update.
パッケージマネージャーでインストールしていると。

その方法を調べていると、
http://nekomemo2.site/?eid=1655
他のところで検索してみたら、brewでインストールすると行けるとなっていたので、

brew install youtube-dl ffmpeg

brew 自体は行っていなかったので言われるままにインストール。

https://github.com/Linuxbrew/brew/blob/master/docs/Troubleshooting.md
brew update を2回やるとかあったような。

brew install youtube-dl ffmpeg

インストール中の様子。関連ソフトも含めて自動でやろうとしてくれていると思われます。

を実行中。勝手にパッケージをインストールして、管理してくれるはずと思っています。

あと、.configに自動アップデートを追加しておきました。何故かなかったので。
[downloader]
self_update = true # Optional, auto update youtube-dl every 24 hours
timeout = 15 # Timeout in minutes

あと、brewはソースからmakeしてmake installまでをコマンド一つでやってくれるという便利なやつなんだろうと思っています。

Homebrewとは?インストール方法や使い方をわかりやすく説明します