Ubuntu サーバー システム開発メモ。php 

自宅サーバー構築メモ。Ubuntu

 

2021-04-05 16:43:25 Quoinex認証をPHPで通しました。

 

参考にしたのはこちらですが、一部変更しないと動きませんでした。

あと、何故かLiquidでキーを再作成しなおさないと動かなかったです。

Rubyのコードと比較しながら直してできました。

$auth_payload = array(
    'path'=>$order_url,
    'nonce'=>$timestamp,
    'token_id'=>$key
);


//$jwt = JWT::encode('path:' .$order_url,'nonce:' .$timestamp,'token_id:' .$key);
$jwt = JWT::encode($auth_payload,$secret,'HS256');
$sign = JWT::decode($jwt, $secret, array('HS256'));




 $header = array(
    'X-Quoine-API-Version:' . $version,
//     'X-Quoine-Auth:' . $sign,
     'X-Quoine-Auth:' . $jwt,
     'Content-Type:application/json',
    //'Content-Length:'. strlen($body),
);

 

2021-04-01 18:25:56 Composerのインストール状況確認

 

composerインストール状況メモ。

php-phantomjsで使っていました。参考



if(PHP_OS == 'WINNT'){
	define('APP', 'C:/xampp/php/');
	$exepath = 'bin/phantomjs.exe';
}else{
	define('APP', '/usr/local/bin/');
	$exepath = 'vendor/bin/phantomjs';
}


require APP . 'vendor/autoload.php';




use JonnyW\PhantomJs\Client;
use JonnyW\PhantomJs\DependencyInjection\ServiceContainer;
use JonnyW\PhantomJs\Http\CaptureRequest;



 

Webのキャプチャに使っていました。

いちいちURLに全部アクセスしなくても、状態が分かるようにしていました。
例えばそのサイトが存在しているか一覧表示で分かるわけです。

vi composer.json


{
    "scripts": {
        "post-install-cmd": [
            "PhantomInstaller\\Installer::installPhantomJS"
        ],
        "post-update-cmd": [
            "PhantomInstaller\\Installer::installPhantomJS"
        ]
    },
    "require": {
        "jonnyw/php-phantomjs": "4.*"
    }
}
~  

この状態の所から、




composer require firebase/php-jwt

Using version ^5.2 for firebase/php-jwt
./composer.json has been updated




vi composer.json
{
    "scripts": {
        "post-install-cmd": [
            "PhantomInstaller\\Installer::installPhantomJS"
        ],
        "post-update-cmd": [
            "PhantomInstaller\\Installer::installPhantomJS"
        ]
    },
    "require": {
        "jonnyw/php-phantomjs": "4.*",
        "firebase/php-jwt": "^5.2"
    }
}

と言う感じで、インストールできていました。