ポート開放チェック netsh プロキシ virtualbox ホスティング 

Let’sEncrypt で更新できない理由が、ポートフォワーディングがうまく行っていない時がありました。

要は、ポート開放チェックで到達できていません。

前に検討したときの参考

Virtualbox内のサーバーにLet’sEncript再設定。

 

 

netsh interface portproxy show all

で見ると問題ないように見えます。

ファイアウォールでもありませんでした。

マシンを再起動しても変わりません。

やった事1.freenomrでドメイン設定を確認。

→ mydnsでグローバルIPを手動更新

freenom でネームサーバー確認

更新タイミングがおかしい。グローバルIPが違っていました。

こちらで手動更新

Login and IP address notify OK.
login_status = 1.

OKとりあえずこの状態で正常に到達可能になりました。

 

→ netsh を再設定。自動スクリプトを作成。

 

netsh_setting.bat を作成。

Windows側なので改行コードが違ったり面倒でしたが、おおむねこんな感じ。

管理者権限で実行するとnetshが再設定されます。


@echo off
rem 管理者として実行してね。右クリックから。
echo 現在の設定
netsh interface portproxy show all
echo リセットします
netsh interface portproxy reset
rem 設定
echo 設定します。

netsh interface portproxy add v4tov4 listenport=80 listenaddr=mydomain.cf connectport=80 connectaddress=192.168.xx.xxx
netsh interface portproxy add v4tov4 listenport=443 listenaddr=mydomain.cf connectport=443 connectaddress=192.168.xx.xxx


echo 新しい設定
netsh interface portproxy show all

pause




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です