ボールペン、油性マジックを落とす方法があるようなので実験しました。

結論はボールペンは落ちた。予洗いとか手洗いとかめんどくさいことはしなくて良さそうです。

結果の写真はこちら。上から、

・ボールペン(4行)・油性黒マジック・油性赤マジック・蛍光ペンです。

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

 

①ナノックス原液漬け置き放置

②ナノックス飯塗り込み

③普通に洗っただけ(③って書いてませんけど)

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓①だけ粉洗剤漬け、洗後。

粉洗剤漬
ボールペン
油性マジック黒
油性マジック赤
蛍光ペン
100点
40点
100点
25点

 

===以降実験手順====

2ヶ月くらい前にナノバブールで汚れが落ちるかの実験をして、結果ボールペン、油性マジックには無力。みたいな結果になって、雑巾にするしか無いとか書きました。

ナノバブールを買ってしまったので実験した結果

所が、実は落とす方法があるようだと聞いたので実験してみます。

前の実験のときの画像がこれです。

洗浄前

一度洗浄後、新たに汚れを付けたところ。

二度目の洗浄後

落ちる汚れもあったし落ちない汚れもあったわけです。

あれから何度か着たり洗濯したりしてこんな感じになっていました。

2018-10-25

何度洗っても落ちてないです。
時間が経ったせいなのか、一番下の蛍光ペンとかぜんぜん変わってないですね。

見出しとかが今回と関係ないので以下の様にボールペンで直しました。
一番汚れが目立つやつをナノックス漬けにすることでハンデがついた格好です。

しかし2ヶ月位何度も着て洗っているのにラー油とかも縦に伸びて残っているような。ぜんぜん落ちてないと思います。やはり時間が経ったのが落ちなくなった原因でしょうか?

ナノックス買ってきました。

綿棒でナノックスを塗ったところです。
いきなり綿棒に移っている感じがします。

15分位置いたところです。結構マジックとか溶けて広がっている気がします。
このまま放置します。

どのくらい塗ったかって?そりゃ相当塗りました。

 

2018年10月25日 10:35分位から放置です。

18:25

すごく滲んでいる。広がっているようです。

もう少し放置するので、もう一度上塗りしました。これまた結構べったり塗りました。

下に思いっきり移っていることがわかりました。
雑巾を下に敷くべきだったのはわかったのですが今更遅いので、このまま実験を続行します。

21:35

では2枚目の用意のために米を炊きます。
あと見出しのボールペンが読めなくなりそうなので番号を①、②と振りました。

美味しそうに炊けました。

ナノックス入れたら美味しそうじゃなくなりました。


米練り込むって粒が硬すぎてスプーンじゃ無理でした。
しょうが無いので手でフルパワーで練り込む羽目になりました。

 

思いっきり米粒残ってましたがこのまま洗います。

 

22:05

洗濯開始。Yシャツ3枚まとめてです。

使用水量は30Lと出ましたがナノックスを45ml。
つまり相当多めに入れて洗濯しました。

洗い始まりましたが、洗ってる水が少なすぎる気がしたので36Lに手動変更しました。それでも洗剤は十分多めです。

 

しかし、ぜんぜん泡立たないんだな。
以前粉洗剤を使っていたので、泡が少ない感じがします。

23:00

洗い終わりました。

ボールペンは落ちる。赤マジックも相当落ちる。黒マジックも結構落ちる。
なぜかわからないけど蛍光ペンがしぶとく残りました。

ナノックス漬 ナノックス飯 何もしない
ボールペン
油性マジック黒
油性マジック赤
蛍光ペン
80点
30点
60点
10点
20点
5点
10点
0点
0点
0点
0点
0点

ボールペンが結構に落とせることがわかったのは大きいです。
予洗いとか、こすり洗いとかめんどくさいことは一切せずにボールペンは粗方落ちています。

蛍光ペンが落ちていません。前回の実験では蛍光ペンだけ物によっては落ちたのに。

ちなみに裏移りしたやつも関係なく落ちました。

でもちょっとだけボールペンも四角く左上とかに残っているので、もう一度やってみようと思います。

23:07

再びナノックスを塗って放置します。
明日の朝洗うことになりますね。

なんで落ちるのか?

多分超濃い洗剤液になって、且つ長時間かけて化学反応して汚れが剥がされたのだと思われます。

規定量の洗剤よりも多くなってもそんなに汚れ落ちは変わらないっていう話はありますが、そんなのは関係ないくらい濃い洗剤液ってことかと思われます。

歯ブラシで擦るとか全然ないので、物理的な力はさほど関係なさそうです。
つまりボールペン、マジックなどは洗剤の濃度が重要な種類の汚れと思われます。

一番下の蛍光ペンは不明ですね。時間が経つと落ちなくなるのかな?

 

2018年10月26日

2度めの米も塗り込みました。今回は柔らかめに炊いたので結構塗り込めました。

しかし塗っとくだけの方が落ちてるのになんのためにわざわざ米炊いて手動で練り込まなきゃならんのだろう。

この方法はやる価値微妙と思う。

7:08

2回目を洗ってます。

ナノックス漬 ナノックス飯 何もしない
ボールペン
油性マジック黒
油性マジック赤
蛍光ペン
100点
40点
100点
25点
30点
5点
15点
0点
0点
0点
0点
0点

結論としてボールペン、赤マジックはナノックスの濃い洗剤なら完璧に落ちる。
擦る必要はない。しかしとんでもない時間がかかる。

長時間放置するほうが有効だけど、飯とかで練り込むだけでもちょっとは落ちる。
ただし、濃い洗剤じゃないと効果がまるっきりなさそう。

というような結果でした。

しかしなんで蛍光ペンが落ちないんだろう。
前回まあまあ落とせたナノバブールは繋ぎっぱなしで洗ってるのに落ちてないです。

・季節による水温の違いでしょうか?
・以前は粉洗剤だったからでしょうか?
・やはり時間が経って変質して落ちなくなったのでしょうか?

もうこれ以上落ちなそうだと思いますが、ダメ元で粉洗剤でもやってみようと思います。粉のほうが落ちると言いますし、私も言ってますから。

やり方は①のものだけ継続で水溶き粉洗剤を塗って放置です。

8:05

粉洗剤を塗ったところです。このまましばらく放置します。

 

17:10

3回目を洗っています。ただ①だけですね。

やはりナノックスよりも泡が立ちます。
洗剤量は前回のナノバブール実験の時2と同じで多めです。水温のせいなのか、8月よりも泡が少ない気がします。

で、結果がこちら。まあ予測してたけどこれ変わってないかなと。

粉洗剤漬
ボールペン
油性マジック黒
油性マジック赤
蛍光ペン
100点
40点
100点
25点

やはり何やっても落ちないもんは落ちないみたいです。
とはいえ落ちる種類の汚れはわかりました。

しかし、通算30時間以上洗濯したら落ちる。みたいな話なのかもしれません。

 

 

米の保存は真空が一番いいようなので、布団圧縮袋に入れることにしました

米の保存方法は真空が良いけど大掛かりなので密閉のペットボトルに入れるという事を前回やりました。

米の保存方法を調べてしまったので、仕方なく入れ替え。

けど、残りが20キロあって、真空にすべきではありました。

で、布団圧縮袋に入れる方法があるということなので、100均で買ってきました。

で、実際入れて真空にした所。掃除機で吸っただけです。

結構カチコチになりました。

すでに精米日が8月10日。現在10月31日ですが、今更ながらではあります。

 

 

米の保存方法を調べてしまったので、仕方なく入れ替え。

米の保存がどうのとか、冷蔵庫に入れたいとかいう人がいるので調べることにしました。

まずはざっと調べた限りのことを。

袋のまま常温保存はよろしくない。
袋の微細な穴によって酸化しやすく、光や温度による劣化が起こりやすいようです。

最も良いのは真空保存のようです。
空気に触れる不都合を防ぐので極めて劣化が少ない。そういう装置もあるようです。

そこまで行かなくても無酸素にするというのもあります。

食べきるべき期間というのがありますが、精米済みの米は大まかに、夏一ヶ月、冬2ヶ月、真空保存では一年みたいです。

しかし大掛かりなので、冷蔵庫内で米びつに入れて保存となるわけです。

ただしそれだと密閉度が甘く、酸化や、開け締めによる結露などの心配があるようです。
そこで密閉できて、より空気に触れる面積が少ないペットボトルや、密閉容器の米びつが良いよというわけです。

パッキン付きです。

継ぎ足し保存は味が落ちる原因なので米屋は絶対にやらず、洗って乾燥させて入れ替えるのが良いとされているます。

要は、どれも冷蔵庫内の場所を取ってしまうという欠点が残ります。

そこでジップロックに小分けして冷蔵庫に保管という方法が多くの欠点を解消するらしいです。

小分けなので結露も何も、一回で使い切れる。密閉による酸化防止、乾燥防止、継ぎ足しも何も繰り返し使わなければ良いわけです。いくらでも変形するんだから場所も最小限です。

が、ジップロックがもったいない。というか一食分を小分けなんて面倒すぎるのでは?

ということで、ペットボトルを洗って使いまわすことにしました。
洗いづらい構造だとか、干しづらいと言う指摘もあるようですが、洗って干して予備をストックしておけばいいのかなと。

2リットルとかなら小分けとまでは行かないですが酸化して劣化する前に使いきれるかと。

2018年10月15日

100均で買ってきたペットボトルを米びつにする装置です。108円でした。

計量カップ付き。このカップの下の出っ張りはねじになっていて上にかぶせたときは栓になります。

要はこの状態なら引っ張っても抜けません。ネジによって密閉キープです。

で、現在の私の状態は、10キロの米袋のうち、3分の1くらいずつを米びつに移して使っていました。

こんな感じです。

で、これを流しの隣の棚に置いとくだけでした。

常温で、日差しも当たったり、何故か流し台より低いところ(ガス台置き場)にあるので水しぶきまでかかる。

減ったら足すという運用で、考えられる限り最悪の保存方法を実践していたようです。

そもそも、密閉なんて出来てないっていうか普通に隙間だらけでした。

で、これが今使っている無洗米です。10キロ入りでした。

精米年月日は反対面に記載

って8月10日かよ。すでに2ヶ月以上経ってるるじゃないか。猛暑の8月を乗り切ってるのに。今更鮮度を保持しようとかいうレベルじゃないかもしれないです。

というか、実はもう2袋同じ日付のものがあるんです。手付かずで。

なんで30キロも買っちまってんだろ。
確かアマゾンで送料が安いとかまとめ買いが安いとかそんな理由だったのか。

そもそも2ヶ月経って10キロ使い切ってないんだから、半年以上はかかるじゃないですか。こりゃあ本来真空保存すべきだったんでしょね。・・・2ヶ月前に。

とりあえず味とか無視すれば食えるので問題なしです。

で、ペットボトルに入れたいわけですが、ペットボトルなんて全部ゴミで出してしまって無いので、溜まるのを待ちます。

 

23:00

と思ったらゴミ箱に1.5リッターペットボトルがあったので洗って今乾燥中です。

ペットボトル洗うのってめんどくさいというのがよくわかりました。
今度こういうペットボトル洗うブラシ探して来ようと思います。

 

明日の朝には乾いているでしょう。
2018年10月16日
1.5リットルの、確かCCレモンか、コーラだったかが入っていた、炭酸がもれないボトルなので、空気は全く通さないでしょう。密閉状態です。
詰め替えましたので、今度はこの鮮度を保つはずの米を炊いてみたりするかもです。
2018年10月17日
脱酸素剤を入れるという手もあるにはあるようだ。
しかしペットボトルに入れにくいし、入れるのがめんどくさい。

入れるのは良いのかもだけど出しづらいのか。

せっかく米の保存方法を工夫したので炊飯までやってみます。

と言っても詰め替えてからあまり時間経ってないんですが、一通りの流れです。

前回の最後でペットボトルに無事詰替できました。

 

米の保存方法を調べてしまったので、仕方なく入れ替え。

要は常温保存は辞めて、密閉容器のペットボトルで酸化を防ぐように変更したわけです。

で、炊飯ですが、計量カップを外してペットボトルを傾けるだけという非常に簡単に測る事が可能で、測った後は蓋になるので密閉出来ます。

その後は冷蔵庫に保存でOKですね。

まあ、私は基本あまり飯を作るのに手間かけたくないので、早く炊けて、且つ多分それなりに美味い。でもって手入れが最小限ということで変わった炊き方をしているのかもしれません。

プラ食器とペットボトルから分けた米200ml位、それと鮭が入っていた瓶に一杯分位の水です。

米と水を入れます。

20分レンジで温めです。寝転がって待ちます。

完成です。

米だけでは味気ないので、探したら豆腐がありました。
麻婆豆腐の元は常備してあるので、

全部乗っけて電子レンジもう2分。
これで完成です。

ちなみにこのスポンジは洗剤無しで1個4円しないので、食器を洗ったら捨てます。

ペットボトルに入った米を炊いてみたわけですが、多分味とか全然変わりませんでした。