鮮度保持袋でレタスの保存実験

以前実験中だったやつはよくわからないまま面倒で辞めてしまったのですが、今度はレタスだけで実験します。

要はレタスは比較的早く結果が出そうなのこと。

レタス一種類なら簡単そうなので。

2018年12月18日

左:レタス+もともとの袋+鮮度保持袋

右:レタス+もともとの袋

です。もともとの袋はレタスの湿度を保つのに必要そうなのと、通気性もあると思われるので。

2019-01-23 16.27.27

酷いことになりました。

一ヶ月以上放置してましたので。

食える気がしません。なんか溶けてます。そのままの方です。

こっちも食える気がしませんがちょっとマシかと。鮮度保持袋の方です。

どっちにしろ食える気がしませんでしたのでそのまま捨てることになりました。

 

鮮度保持袋 実験2回目 オゾン発生機 エチレン 殺菌 保存 防カビ

野菜の鮮度保持実験です。

湿度、温度、エチレンガス、呼吸量、雑菌の有無など、いくつかの要素によって違うはずです。

2018-10-15 鮮度保持実験再び

前回袋の口を縛って実験してヤバイ感じだったので改良して実験再開です。
多分水草っぽい、昆布とかワカメとかには良い保存方法だったのかもしれないです。

そもそも鮮度保持袋の宣伝ページで人参がはいってて、袋は縛ってなかったんですよね。

鮮度保持袋実験づづきー失敗

鮮度保持袋 愛菜果 Sサイズ 8枚入

posted with カエレバ

webby shop

Yahooショッピング

Amazon

楽天市場

2018年10月15日

野菜買ってきました。今度はパッケージの絵の通り。
人参、ナス、トマト、後は青菜の代表でほうれん草です。

そもそもナスとトマトのパッケージには穴が開けてあるじゃあないか。

ほうれん草も上の方は空いている。というか、葉っぱの上の方なんて袋から出た状態で売ってるじゃあないか。

要は水滴が付きっぱなしじゃあ駄目なんだよね。
自然状態でも一時的に雨とか降っても自動で乾くところに生育しているんだから。

以下のように分けて、

袋に入れたんですが、

袋が長すぎて冷蔵庫に立てた状態で入らないことがわかりました。
しょうがないので袋を切って高さを低くしました。

そしたらほうれん草の高さが合わなくなったので、

ほうれん草の大きな葉っぱだけを剥いで背丈を低くしました。

この状態で袋の上を開けたまま、なるべく立てた状態で冷蔵庫に入れました。

どうもパット見上の方の葉っぱが乾きそうな気もするけど、一応根本の乾燥は抑えられると思われる配置になっているんじゃないでしょうか?

人参ナスは下向きで揃えてあります。

余ったナスは電子レンジで4分温めてマヨネーズ付けて食べました。まあ、うまいか。

ばらばらになったほうれん草は袋ラーメンの具にしました。

・・・数時間経過。

ヤバイ。いきなりほうれん草が乾燥しているじゃないか。
袋の口を開けすぎたんだ。

しょうが無いので、袋の口を手動で閉めました。薄っすらと袋に水滴がつくくらいのほうが良いのだろうと思われます。

「根元にキッチンペーパーをまいて、袋に入れて、立てて置けばより長持ちします」とか言ってるのですが、巻いてなかったですね。

でもキッチンペーパー無いので、しょうが無いからコピー用紙に水つけて巻きました。

これで、コピー用紙の水分もあるので、袋にうっすら水滴がつくくらいの状態をキープしています。

2021-01-05(火)オゾンプラス

この袋全然使ってなくて残っていますね。

前の実験は何となく放置でよく分かりませんでした。

なので再びオゾン脱臭機もあるし、実験しようかと。

鮮度保持袋プラスオゾン発生機。

比較用として、ただ袋に入れただけ。

こんな感じにしています。

棚に置いた所。

結構水出ます。呼吸活動でしょうか?

袋は結構水滴付きます。

バナナは結構エチレンでるはずで、オゾンはエチレンを分解するだろうし、殺菌もするから、差が出る予定なんです。

あと、水が付くのは良くないですよね多分。

水腐れしますよね。確かこの鮮度保持袋は水抜けるような話だったかと。

どうなるか分かりませんが。

2021-01-15(金)変化なさそうです。バナナはよくかりませんでした。

全然差がないかと。

こんな感じでした。

条件変えてやるとおもいます。

2021-01-22(金)バナナ実験2つ目

前回上手くいかなかったのでやり直します。

そもそもイオンの影響が大きいのではないかと。

セットしたのは昨日です。1月21日ですね。

このまま様子を見ます。

2021-01-29(土)8日ほど経過した状況です。

袋越しにも分かるのは、冷蔵庫に入れていたものは黒くなっているということです。

袋から出した所。

裏面も大体同じです。

室内暖房の所に置いたものは置いたものはカビそうでやばかったのでこれ以上継続出来ませんでした。

室内置きのバナナは皮が脆いです。

実際全大抵に柔らかくなっていました。

皮をむいたところ。

冷蔵庫内のバナナは皮が黒いだけで中身はまだ大丈夫そうでした。

冷やし過ぎると冷凍焼けで皮が黒くなるとして、今度は紙とか巻いて比較するかもしれません。

今は1月なので、暖房が無い室内が見た目的にもいいのかもしれません。

鮮度保持袋実験づづきー失敗

前回、

2018年9月25日

からやっていた鮮度保持袋の効果を測定する実験ですが、失敗みたいです。

鮮度保持袋 愛菜果 Sサイズ 8枚入

posted with カエレバ

webby shop

Yahooショッピング

Amazon

楽天市場

当初の状態

3つに分けて、

袋づめしました。
右から、人参が入っていた袋、業務スーパーの袋、鮮度保持袋

 

鮮度保持袋実験

それが最近袋を通して見ても、もやしとかヤバそうで、トマトとか緑色の部分がカビてるみたいでした。

しょうがないので実験中止です。
どのくらいの差が出たか?

失敗の原因は多分水滴が付きすぎです。
だって苔じゃないんだから水に浸かりっぱなしは駄目だ。シダとかなら良いかもしれないけど。

2018年10月15日

 

これが袋から出した状態です。

まず人参が入っていた袋です。

これはひどい。
もやしとか一部消し炭みたいになってます。0点。
トマトもかびてるっていうかぶよぶよです。5点。
ピーマンは若干変なくらいですかね。60点。
バナナは黒くなってますけど形は保っています。50点。

総合115点。

次は鮮度保持袋です。

もやしは一応形は保ってますが元気がないですね。10点。
トマトはかびてはいないですが青い部分が縮んでいるような。10点。
ピーマンはパット見なんともないかもしれない。なんともないなら100点だよねと言うところだけど水がついていて食いたいと思えないから70点で。
バナナは一番真っ黒ですね。40点。

総合130点。

最後に業務スーパーの袋です。

もやしはひどい。溶けている。3点。
トマトはかびてないだけまし。同じく10点。
ピーマンは70点。
バナナは50点。

総合133点。

と言うか、違いが唯一まともにわかるのはもやしだけだったかも。

人参洗って切ってみましたよ。

右は色が黒いけどこれはもやしがひっついたせいですね。
よって人参は未判定です。

そもそも袋の口を縛っちゃ駄目なんだ。多分。
水草じゃないんだから。

次回はそのへんを改善して実験してみます。